膝の痛みに効くサプリ > グルコサミンとコンドロイチンについて
膝痛を解消したい方がグルコサミンを飲む理由とは?

グルコサミンやコンドロイチンは
関節に対して効果を発揮する成分です

両者の成分をバランスよく摂取することが重要です

 グルコサミンが配合されているサプリメントを見てみると、コンドロイチンという成分が一緒に配合されている商品も多いです。これは山芋や 納豆、オクラといったネバネバ成分の中に含まれている成分です。両者とも関節に対して効果を発揮するのですが、その役割が若干異なります。

 グルコサミンは軟骨の弾力を増すことで、関節の動きをスムーズにする効果が期待できます。一方コンドロイチンは、関節痛を発症するのを防止する役割があります。前者は軟骨を再生してくれる役割があって、後者は軟骨が摩耗するのを防ぐ役割があります。つまり両者には、攻めと守りの性質の違いがあるわけです。このため、両者を一緒に摂取することによってトータルで関節のケアができます。もし膝の痛みが気になってサプリメントを購入したいのであれば、上で紹介した2つの成分が配合されている商品を購入するのが望ましいです。

 また、両者が配合されてい るサプリメントの中から、どのような比率で配合されているのかについても検討する必要があります。 グルコサミンとコンドロイチンは、5:4になるようなバランスが最も理想的といわれています。ちなみに体重が54㎏以下の人が摂取するのであれば、それぞれ1000㎎と800㎎で構成されているようなサプリメントを摂取すと最も効果が期待できます。この2つの成分は相互作用を働かせて 、より高い効果を発揮してくれます。せっかくですから、バランスの取れているサプリメントを探してみましょう。

Copyright(c) 膝の痛みに効くグルコサミンの比較ランキング All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com